タグ:SIGMA 50mm F2.8 ( 85 ) タグの人気記事

d0175768_16581471.jpg
 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8                                      拡大表示は画像クリック

いろんなセンサーやいろんなメーカーのレンズで輩出される黒の描写が違って来るのは当たり前ですが最近ではメーカー付属のアプリだけではなくプロが使うようなハイスペックのアプリまでが容易く手に入る時代になりました.

私の使用頻度が今一番高いのはそのポテンシャルに頼って断然C1 11なのですがSIGMA機で撮影した画像に限って言えば繊細な光のグラデーションを諧調豊かに再現するモノクロ専用に特化したインターフェイスが別個に組み込まれたSPP6.6のパフォーマンスには敵わないのではないかと思っています.今日の一枚も平坦ではない何処か艶っぽい黒に魅せられました.
もちろん,好き嫌いあっての趣味の世界ですからかよく見聞きするコメントのようにああでなきゃダメだ,とかこうであるべき,と断定する気など更々なく直感的に自分の感じた白と黒の世界に一番近いモノクロをいまだに模索中です.
それもあっちにふらふら,こっちにふらふらと随分長過ぎますが(汗;)



by cobag2 | 2019-04-09 01:57 | monochromes | Comments(8)

d0175768_13485495.jpg
 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック





by cobag2 | 2019-01-15 09:16 | monochromes | Comments(4)

寿ぐ月 寫誌 ⑨ 蕎麦や


d0175768_13293813.jpg
 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック





by cobag2 | 2019-01-13 01:28 | monochromes | Comments(2)


X2の鋭い切れ味のハイコンも好みではあるのですがこのDP3のフィルムライクな味付けも捨てきれませんね.
前出の漁港はJpegデータもあって iMac 10.13.6のプレビューで少しいじっただけですがこのDP3はRAW撮影が前提で
あるのでSPPのモノクローム専用のインターフェイスで生成したものです. どちらも甲乙付け難くどうやら被写体やその時の気分で使い分けていくしか無さそうです.

d0175768_14205413.jpg
 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック






d0175768_14170743.jpg
 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック






by cobag2 | 2018-12-08 01:14 | monochromes | Comments(2)


しっかりとした露出の元でのfoveon独特の赤も良いけれど如何にも妖しげな明かりの提灯の赤も耽美的で悩ましく写欲を唆られます.コンクリート製の梁や天井を這う金属のパイプ、陶器で出来た目的のはっきりしない台などに映る滲む様な朱色の明かりには息を飲みます.前回のモノクロより少し引いた位置でのシャッターですがどうやらこのfoveonセンサーはピーカンより少々露出不足の方が色被りや色転び、フレアやゴーストが発生し難いやんちゃなセンサーの様です.

d0175768_12552690.jpg
 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック







by cobag2 | 2018-11-16 01:56 | colors | Comments(2)


今日の私は焼き物一筋、一筋、一筋・・・、
駅前のひもの屋さんでの店頭試食サービスの一コマです、
日替わりで焼き物は変わりますがこの日はサバと壺漬けイカのゲソでした.
一週間弱続けたDP3も今回で一応一休みです.このままでいくかH75mmかAL90mmが仲間に入るか・・・.

d0175768_10564658.jpg

 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック


by cobag2 | 2018-10-31 00:25 | monochromes | Comments(8)


混み合った店内でシャッターを押しました、昨日のコーヒーをいただいてるお婆さんの時もそうですがファインダーを覗いたり一眼だったりしたらとても勇気がいるものですがこのDP3Mは古いコンデジなのでファインダーがありません.背面の液晶モニターをチラッと見て水平が取れていればそれでよしとシャッター釦を押しました.「チッ」と言う僅かなシャッター音も廻りの騒音にかき消されこの75mmという画角に夕方のスーパーの雰囲気が凝縮されていると思います.

d0175768_13172988.jpg

 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック


by cobag2 | 2018-10-30 01:18 | monochromes | Comments(6)


現代的な画作りが特徴のSONYでは出し得ない銀塩的階調、
骨太なしっかりとした描写のNIKONではしっかりし過ぎて堅苦しくなってしまう被写体、
この柔らかな背景の処理と繊維の違いや肌の質感まで写す線密な描写にあらためてセンサーの良さを感じます、
DP3 Merrill、ヤンチャながらふっとシャッターを押したくなるいつまでも手元に置いておきたい不思議なカメラです.

d0175768_22074122.jpg

 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                              拡大表示は画像クリック







by cobag2 | 2018-10-29 01:00 | monochromes | Comments(10)


最近、偶然セコのVoigtlanderのAPO-LANTHER 90mm/F3.5を発見しまして俄然 HELIAR classic 75mm/F1.8のライバルになってしまいました.ただLマウントレンズなのでL→M変換リングを別途調達しなければならないのですがアポクロマート仕様の現代風なコントラストの効いた重量僅か260gのAPO-LANTHERか427gのあくまでもclassicの名に拘るフィルムの様な銀塩的描写のHELIARかこの店内でのDP3の描写で満足すべきかしばらくは頭の痛い状態が続きそうです.

d0175768_10572602.jpg

 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック







by cobag2 | 2018-10-28 00:08 | monochromes | Comments(6)


魚貝や海鮮専門の定食屋だった駅前のお店がいつの間にか唐揚げ専門のお店に代わっていました.メニューは多種多様でチキン南蛮あり、油淋鶏あり、タルタルソースあり、チキンカツ丼や和風醤油の竜田揚げにパリパリ皮、嬉しいことに鶏そばまで. 居抜きのせいか提灯が代わっただけの店内は殺風景そのもの. それにしてもDP3に搭載されたFoveonセンサーの解像力は素晴らしくここまで見事に仄暗い店内を諧調豊かに描写してくれているとは思いませんでした.こうなると先のフォトキナで発表されたLEICAとSIGMAとPanasonicの三社によるLマウント・アライアンスが気になります.LEICAレンズをSIGMAやPanasonicのフルサイズミラーレスに着けて写真を撮る、特にSIGMAのフルサイズFoveonセンサーを搭載したミラーレスにLEICAレンズを着けてシャッターを押す!興味津々、想像しただけでもゾクゾクして来ますね〜.

d0175768_14395941.jpg

 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック






by cobag2 | 2018-10-27 01:24 | monochromes | Comments(4)