le fotografie di digit@l

師も駆ける月 寫誌 ⑦ 報徳二宮神社



「ね、どうするの?」
「お辞儀するの?」
「パパの見ててご覧 ^ ^」
「ねぇ、おかね、いれたい!」
「ダメ!」
「おなか、すいてきた」
「まだ!」
「なんのかみさま?」
「お前の頭が良くなる神様!」


初詣の予行演練習の様でもありました.
d0175768_17401698.jpg
 Leica X2 / Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                              拡大表示は画像クリック






[PR]
# by cobag2 | 2018-12-11 00:39 | monochromes | Comments(4)

師も駆ける月 寫誌 ⑥ 新美術館 番外編



新美術館へ乃木坂からのエントランス、
いきなりこんなシーンが用意されているとは! 

こう言う画像だけ見るともはや光学式一眼の出番は無くなっていく様な気もしてきます. 
どんな写真をどんな機材を使ってどんな風に撮りどんな風に仕上げたいのか選択肢が多ければ多いほどユーザーにとっては有り難いのですがこの機材では撮れない写真や逆にこの機材でなければ撮れない写真などなど見極めも大事になってきますね.私の場合、今年になってそんなふるいに掛けて処分してしまったレンズや古いカメラもありますが残っている自分に見合っているだろうレンズや機材が絞られてくると、不思議な事に撮りたい場面や場所がやたらと増えて来て毎度変わり映えのしない写真ばかりになるのですが近頃猛烈にシャッターを押したくなって来ました.

d0175768_17223254.jpg
 SONY ILCE-7M2 / SAMYANG AF35mm F2.8 FE                                 拡大表示は画像クリック






[PR]
# by cobag2 | 2018-12-09 01:19 | monochromes | Comments(6)

師も駆ける月 寫誌 ⑤ ほっとする眺め…其の二



X2の鋭い切れ味のハイコンも好みではあるのですがこのDP3のフィルムライクな味付けも捨てきれませんね.
前出の漁港はJpegデータもあって iMac 10.13.6のプレビューで少しいじっただけですがこのDP3はRAW撮影が前提で
あるのでSPPのモノクローム専用のインターフェイスで生成したものです. どちらも甲乙付け難くどうやら被写体やその時の気分で使い分けていくしか無さそうです.

d0175768_14205413.jpg
 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック






d0175768_14170743.jpg
 SIGMA DP3 Merrill / SIGMA 50mm F2.8 MACRO                            拡大表示は画像クリック






[PR]
# by cobag2 | 2018-12-08 01:14 | monochromes | Comments(2)