le fotografie di digit@l

樹雨月 寫誌 ⑦ 珠洲市見附島


白川村からホワイトロードを堪能しながら一気に加賀へ下りて小松を抜け金沢の宿へ入る.
今回の目的だった見附島までは宿から往復270km、眼前に圧倒的な存在感で迫り来る見附島が現れた時はアドレナリンが吹き出しモチベーションはだだ上り状態に.

d0175768_22134113.jpg
 iPhone8
  拡大表示は画像クリック





[PR]
by cobag2 | 2018-07-13 09:43 | monochromes | Comments(6)
Commented by Neoribates at 2018-07-13 10:37
まさに軍艦島ですね.長崎のそれとは全く趣が違う.
それにしても往復270kmとは.あこがれの景色に会えたときはさぞアドレナリンが噴出したことでしょうヽ( ゚ 3゚)ノ
Commented by roxanne6 at 2018-07-13 20:00
いいですねぇ!
今度SAMYANGから24ミリが出るそうですぜ
Commented by cobag2 at 2018-07-13 22:10
ご隠居さま^^
なぜこの島だけ突然降って湧いたように残ったのでしょうね、
元々弘法大師が佐渡から能登へ渡る時に見つけたので「見附島」と命名されたとか^^;
昔からポツンとこんな状態だったとは信じがたいですが・・・。
後ろにいた浪速のおばちゃんの会話が可笑しかったですぜ、
「軍艦というよりカツラ被ったあんたんとこのおっちゃんみたい」とは(笑)。
Commented by cobag2 at 2018-07-13 22:16
六さん^^
ドキッ!
あんまり煽らないでくらはい!
あまりの軽さ、便利さでついつい付けっ放しですが50mmがもう少ししっかり写れば
今頃ポチってるところですがSAMYANGは35ミリだけで十分かと思ってます^^;
今のところNikkor20mmf2.8Sとの組合わせが思い通りなので24mmはいいかな?と.
でも興味津々でありんす(汗;)
Commented by voyagers-x at 2018-07-14 09:54
おはようございます!!
素晴らしい景観ですね
モノクロでの撮影が凄く似合いそうですね
いろいろな天候の時に撮り集めたくなりますね
台風などの時の波が大荒れの写真も迫力合ってよさそう
カラーで撮る綺麗な夕日と一緒に撮るのもいいですね

Commented by cobag2 at 2018-07-14 21:05
voyagersさん、
観光協会のHPだと朝焼け夕焼け、夜景にライトアップ、春夏秋冬の眺めなどが見れます^^
この日の雲が広い空にその存在感を誇示している様に思えたのでモノクロの方が似合いましたね。
何枚かカラーもUPする予定ですがもう少しモノクロが続きます^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード