タグ:Elmarit 24mm/f2.8 ASPH ( 29 ) タグの人気記事

昨日のリコメと一部重複しますがこの東口の景観をどこが違うのか学芸員や学術員、研究者、主幹、大学の先生まで登場させるウンチク番組No.1のブラタモリ風に言えば世界一美しい駅のNo.1はアントワープの駅だそうです.ここの総工費は何と172億円で鼓門だけでも3.5億円掛かりその全額を金沢市が負担して総工期約7年で完成したそうです. 組み上げた太っとい木の鼓と近代的なアルミドームのコラボレーションはいかにも和を重んじる金沢のイメージだと思いますが如何でしょうか.


d0175768_14203418.jpg

 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                  拡大表示は画像クリック






金沢駅東口には雨の日でも雪の日でもこの平成の傘のおかげで濡れずにバスを待つ事が出来る鼓門ともてなしドームが一体となった美しいバスターミナルが円を描くように広がり和らかな木漏れ日に金沢人の優しい心を感じます.


d0175768_14204225.jpg

  Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                  拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-09-23 05:47 | Leica X2 | Comments(5)
そしてこちらが「鼓門」、言わずもがな能や素囃子で使われる鼓をモチーフにデザインされているのだが何度見てもまるで頭上からいまにも加賀宝生の謡が聞こえて来そうな迫力がある.さらに驚かされたのはこの鼓門をも覆うもてなしドームに降り注いだ大量の雨水や雪解け水が鼓を支える二本の柱の中の送水管をを通って地下の貯水槽に蓄えられていく、と知った時である.様々な灯りの基、特にナイトシーンなどにシャッターを押してみたい衝動に駆られる.

d0175768_21204809.jpg

Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                   拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-09-21 01:09 | Leica X2 | Comments(8)
ご存知金沢駅の総硝子張りの「もてなしドーム」、鼓門と並んで「世界で最も美しい駅」に日本から唯一選ばれる決め手になったのだとか.3019枚の硝子を6000本のアルミフレームが平成の傘を支えている様はいやはやお見事のひと言に尽きる.

d0175768_21331606.jpg

Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH
                        



[PR]
by cobag2 | 2017-09-20 06:18 | Leica X2 | Comments(8)
中川一政美術館に移動するCAFEでお馴染みのRyusenkeiが来ていた.
トラベルトレーラーAIRSTREAM(Caravel/1967年製)を最新の日産リーフで牽引して素敵なロケーションの中で
ランチを箱根、西湘、伊豆をベースに提供してくれる自家製パンの美味しい文字通り移動式のCAFEである.
出逢ったのはこれが2度目だが中には白木の小さな椅子とテーブルがあったりしてなかなかお洒落なのだ.


d0175768_21054569.jpg

Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH





[PR]
by cobag2 | 2017-08-06 08:24 | Leica X2 | Comments(14)
両側に紫陽花が並ぶ本殿までの階段の途中にある保育幼稚園、晴れの日が多い今年の梅雨、子供たちの元気な声が響く.

d0175768_20594223.jpg

 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                 拡大表示は画像クリック





[PR]
by cobag2 | 2017-06-25 06:13 | Leica X2 | Comments(8)
大妻籠までの道々、荷車用の車輪などを無造作に軒下に置いてある農家が点在していて小さい頃の記憶が頭をよぎる.
もちろん、ディスプレィではなく狭い旧道を縫って田畑へ行き来するためのものだと言う事が手入れの具合でよく分かる.
順番がちょっと違ってしまったのかな? 時系列でアップしてるつもりがここはまだ大妻籠の手前にしか過ぎなかった.

d0175768_20490855.jpg

 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                     拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-05-23 00:44 | 旅の記憶 | Comments(4)
一石栃を過ぎてまた妻籠を目指した旅日記、大妻籠までの約4km余の下り道はかなりキツい. 
一里を一時間の基準なんてものじゃなく自身の体重を膝と足首と腰に受けながら歩くものだから二時間近くも掛かって
やっとこさ大妻籠の標識まで辿り着いた. あとは桃介の発電所を横目に渓流沿いに宿場町に入ると脇本陣が待っている.

d0175768_12422173.jpg

 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                     拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-05-22 01:41 | Leica X2 | Comments(6)
いよいよ旧中山道を馬籠宿から妻籠宿まで歩く日が到来.
あるTV局の女性新人アナウンサーが横書きの台本を「1日中、山道」と読んだとか読まなかったとか・・・.
妻籠から出発すると全行程の2/3にある馬籠峠まで緩やかではあるが登りの行程になり峠から馬籠宿までは1/3下りで
楽かも、と教えられた. 逆のコースを辿ると1/3峠までのキツい登り坂の後は下りにはなるが長い距離が妻籠まで残る.
ここは順当に皇女和宮の降嫁したコースに倣って馬籠から出る事にしてみた. 朝早い時間だったせいか東南アジアからの
あの騒々しい観光客たちに出逢う事もなく澄んだ空気の中を歩き始める.



d0175768_21021604.jpg
 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                     拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-05-04 00:17 | 旅の記憶 | Comments(6)

桜端月 寫誌 ⑯ pattern

3-4日、旅に出て来ます.


d0175768_21362890.jpg
 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                     拡大表示は画像クリック








[PR]
by cobag2 | 2017-04-24 05:28 | Leica X2 | Comments(10)

桜端月 寫誌 ⑮ exit


d0175768_23053527.jpg
 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                    拡大表示は画像クリック






[PR]
by cobag2 | 2017-04-23 06:09 | Leica X2 | Comments(8)

気の向いた時に気の向くままに日々撮りためた写真や旅の記憶、大好きなモノクロ写真などで綴るフォト日記です。なお画像はクリックで拡大表示が出来ます。


by coba-g
カレンダー