タグ:AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE ( 77 ) タグの人気記事

この日は兼六園はUSツーリストで超満員でありました.
左手でスマホのシャッターを押しまくる海兵隊然としたレフティーや
d0175768_21173771.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                    拡大表示は画像クリック






お気に入りのSAMURAIの刺繍の入った真っ赤なキャップにご満悦の「ビューテホー」連発夫婦ありでワイワイガヤガヤ.
d0175768_21174728.jpg
 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                   拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-10-16 06:18 | 旅の記憶 | Comments(10)

神な月 寫誌 ⑩ 準備中

金沢兼六園、この時期となれば「雪吊り」の準備に追われっ放しとか・・・. 例年の如く11月1日午前9時を期して一番大きい唐崎松から始めるのだと脚立の上から教えて貰えた. 兼六園の五人の庭師のもと、延べ500人がかり、総重量4屯の藁縄を使っての兼六園の雪吊りは一度撮りに行きたいものだと何年同じ事を思っているのだろう.

d0175768_12405248.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                 拡大表示は画像クリック





d0175768_12403373.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                 拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-10-14 12:54 | 今日のお仕事 | Comments(6)
金沢城三御門の一つ、実質的な正門の「河北門」.
d0175768_12473926.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                 拡大表示は画像クリック




前田家代々の紋所「加賀梅鉢」の瓦紋.
d0175768_12474619.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                 拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-10-08 09:28 | 旅の記憶 | Comments(8)
今回の金沢の宿は大手堀の真ん前のホテルに三連泊する.このホテルの系列は皇居を始め大阪城やここ金沢城などお城の真ん前に立地しているのがウリなのだ.ホテルのフロントを出て僅か2分で濠を越えて悠久の石垣が残る大手門に入る.

大手門にて:
d0175768_13173962.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                拡大表示は画像クリック





大手門から菱櫓を正面に見据えて朝も早い時間のせいか人っ気のない新丸広場を横切り河北門へ向かう、内堀沿いに重要文化財石川門を出て兼六園に沿って武家屋敷方面に向かう途中に金沢市役所がある.通学生や市役所、21世紀美術館などへの通勤の人たちがこの広場を通勤路に使っていると言うがそういう眺めがまたとてもいい.日中はバギーの赤ちゃんや幼児をを連れた若い夫婦がランチがてらそぞろ散歩に来ている眺めもこれまた微笑ましくていい.


金沢城公園新丸広場にて:
d0175768_13175732.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-10-07 11:16 | 旅の記憶 | Comments(4)

神な月 寫誌 ③ 残像

東尋坊にて:
海原を眺めながら焼きたての海鮮がいただける焼き物屋さん、オーダーしたのは帆立貝もついたイカ焼き定食と追加で帆立貝をもう一皿、これをお醤油とマヨネーズでいただく.ソフトクリームのマスコットが生ビールに見えて・・・! 
生きてるイカは一匹二匹で食材として出廻ってっるイカは一杯二杯と数えるのだそうです.するめになると一枚二枚でお刺身は一盛りになって握ってもらうと一貫二貫になる、知ってたけど言われてみて納得する事って結構あるものだ.

d0175768_16214097.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                  拡大表示は画像クリック



[PR]
by cobag2 | 2017-10-04 05:23 | 旅の記憶 | Comments(6)

神な月 寫誌 ② 牡蛎

近江町市場にて:
d0175768_13483634.jpg
Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                 拡大表示は画像クリック




殻をめくると14~5㎝ほどのミルク色のまるまるプリプリとした新鮮な牡蠣が姿を現すのです.因みに7年前、京都の錦市場でその場で焼いてもらった焼牡蛎はこの約1/3の大きさで180円でした. 山のように積まれた牡蛎もあっという間にこのありさま、昼間っからグイッと缶ビール片手に生牡蛎を頬張る方の多い事ったら・・・、うらやまし.

d0175768_13573983.jpg
Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                拡大表示は画像クリック



d0175768_14183771.jpg
Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                拡大表示は画像クリック



d0175768_13581324.jpg
Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                 拡大表示は画像クリック





[PR]
by cobag2 | 2017-10-02 17:46 | 旅の記憶 | Comments(10)
d0175768_22205026.jpg
 Nikon Df   AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                 拡大表示は画像クリック







d0175768_22192937.jpg
 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                  拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-10-01 10:18 | Leica X2 | Comments(8)
先日、BSジャパンの「美の巨人たち」高密度の写実表現に宿る真実…『梅雨の晴れ間』の再放送を録画して観てみた.
数々の作品は紛れもなくレンズの画角そのものでありほんの一瞬のシャッターで終わる写真の世界ではなく数千万回にも
及ぶと言う加筆の結果生まれた迫力と美しさを感じると同時にそこには超リアリズムとか写実主義とかの言葉では到底言い
現せない何かが存在しているのだと思う. そんな犬塚 勉さんの絶筆『暗く深き渓谷の入り口』にオマージュを込めて….
38歳で亡くなり代表作17点を含む全作品25点なのかは不明だが、作品展が現在は栃木足利で秋は姫路と全国を巡回して
いると言う、今月11日までの平塚市美術館に足を運び損ねた事がくれぐれも悔やまれてならない.


d0175768_13313529.jpg

 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                拡大表示は画像クリック





[PR]
by cobag2 | 2017-06-23 14:19 | 散策 | Comments(2)
炎天の影をひいてさすらふ    山頭火


d0175768_12554629.jpg

 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                拡大表示は画像クリック





[PR]
by cobag2 | 2017-06-12 01:17 | monochromes | Comments(8)
分け入れば水音   山頭火

写実の子規もいい、自由律無季語の山頭火もまたよし・・・

d0175768_14085316.jpg

 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                                  拡大表示は画像クリック


[PR]
by cobag2 | 2017-06-11 01:56 | 散策 | Comments(2)

気の向いた時に気の向くままに日々撮りためた写真や旅の記憶、大好きなモノクロ写真などで綴るフォト日記です。なお画像はクリックで拡大表示が出来ます。


by coba-g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31