le fotografie di digit@l

<   2017年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

青葉月 寫誌 ㉗ 脇本陣の「侍玄関」をモノクロで撮る

d0175768_22135263.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 XR Di MACRO ASPH                    拡大表示は画像クリック





[PR]
by cobag2 | 2017-05-31 00:13 | monochromes | Comments(4)

青葉月 寫誌 ㉖ 緑萌ゆ(SONY NEX6+SUPER WIDE-HELIAR15mmF/4.5ASPH ll)

廻りは緑・緑・緑! 燦々と陽を浴びてこんなに緑が似合う季節になってきた.

d0175768_09543951.jpg

SONY NEX 6  SUPER WIDE-HELIAR15mmF/4.5ASPH ll





で、こちらはツワブキだが葉脈が少ない分、陽の光を目一杯受けている所は眩しいくらいに反射している. 
R-D1xとX-E1、NEX5Nセンサー+SWH15mmf/4.5llは以前に検証済みでそれぞれの興味深い結果がこの
レンズの持つ優秀さとコスパの高さを証明している. 最短撮影距離が0.7mとは少々かったるいが元々そんなに
寄って撮るレンズではなくむしろパンフォーカスでこの描写は大袈裟な言い方をすれば唯一無二と言うべきかも.

d0175768_09542006.jpg

SONY NEX 6  SUPER WIDE-HELIAR15mmF/4.5ASPH ll



[PR]
by cobag2 | 2017-05-30 00:41 | SONY NEX 6 | Comments(4)

青葉月 寫誌 ㉕ 脇本陣「宝の間」をモノクロで撮る

d0175768_21123066.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 XR Di MACRO ASPH                    拡大表示は画像クリック





[PR]
by cobag2 | 2017-05-29 00:04 | monochromes | Comments(6)

青葉月 寫誌 ㉔ 脇本陣「上段の間」をモノクロで撮る

d0175768_21101790.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 XR Di MACRO ASPH                     拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-05-28 01:36 | monochromes | Comments(2)

青葉月 寫誌 ㉓ 脇本陣の「丈の間」をモノクロで撮る

d0175768_21143352.jpg

Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 XR Di MACRO ASPH





[PR]
by cobag2 | 2017-05-27 01:21 | monochromes | Comments(12)

青葉月 寫誌 ㉒ 脇本陣奥谷をモノクロで撮る

明治10年(1877年)に禁制が解かれ総檜造りで建て替えられた脇本陣奥谷、当時の建築の粋に「いつ撮るの?
今でしょ!」とばかりに足腰の疲れは何処へやらモチベーションがあがる.
囲炉裏から立ち上がる薪の燻った淡い青白色の煙も光を受けて心地良い.


d0175768_22141143.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 XR Di MACRO ASPH                     拡大表示は画像クリック







[PR]
by cobag2 | 2017-05-26 01:06 | 旅の記憶 | Comments(10)

青葉月 寫誌 ㉑ 妻籠の宿場に到着…久し振りのピクトで

朝9時に馬籠を出発してなんだかんだ、ぐだぐだとシャッターを押したり休んだり、時々行き交う人たちと無駄話をしたり
しながら5時間余歩き続けてやっと妻籠に到着したのが午後2時すぎ. 町の中は大した混雑もなくこの程度ならまずまずと.
定番の五弊餅にありついたり、今だにお六櫛を並べているお店で後継者がいなくなってしまい存続が危ういのだ、という
話をもっともらしく聞いて団体客で混み合う前の脇本陣奥谷へ向かう.
町並み保存の先駆けとなった妻籠宿、立派な卯建(うだつ)を上げた宿が多くさすがに宿場町の風情がある.



d0175768_20493026.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック





d0175768_20495560.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-05-25 01:14 | ピクトリアリズム | Comments(4)

青葉月 寫誌 ⑳ 大妻籠に残る宿場…


d0175768_20484556.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック






d0175768_20481683.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック










[PR]
by cobag2 | 2017-05-24 01:19 | 旅の記憶 | Comments(4)

青葉月 寫誌 ⑲ 大妻籠までまだ3.5kmも…

大妻籠までの道々、荷車用の車輪などを無造作に軒下に置いてある農家が点在していて小さい頃の記憶が頭をよぎる.
もちろん、ディスプレィではなく狭い旧道を縫って田畑へ行き来するためのものだと言う事が手入れの具合でよく分かる.
順番がちょっと違ってしまったのかな? 時系列でアップしてるつもりがここはまだ大妻籠の手前にしか過ぎなかった.

d0175768_20490855.jpg

 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                     拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-05-23 00:44 | 旅の記憶 | Comments(4)

青葉月 寫誌 ⑱ 再び妻籠宿を目指して…

一石栃を過ぎてまた妻籠を目指した旅日記、大妻籠までの約4km余の下り道はかなりキツい. 
一里を一時間の基準なんてものじゃなく自身の体重を膝と足首と腰に受けながら歩くものだから二時間近くも掛かって
やっとこさ大妻籠の標識まで辿り着いた. あとは桃介の発電所を横目に渓流沿いに宿場町に入ると脇本陣が待っている.

d0175768_12422173.jpg

 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                     拡大表示は画像クリック




[PR]
by cobag2 | 2017-05-22 01:41 | Leica X2 | Comments(6)