le fotografie di digit@l

2017年 05月 13日 ( 1 )

青葉月 寫誌 ⑪ 一石栃白木改番所跡立場茶屋(いちこくとちしらきあらためばんしょあとたてばちゃや)

峠を越して15分程石畳を下ると樹齢400年余と言われる1本の枝垂れ桜がある、このあたりが一石栃と呼ばれて改番所の
あった土地でその枝垂れを護っている江戸時代前期の立場茶屋が現存している. 日替わりで管理の方がみえてこの時期は
まだ囲炉裏を炊いて中を燻しながらも日本茶でハイカーをもてなしてくれる無料休憩所になっている、 美味しかった〜.


d0175768_10442975.jpg

 NIKON DF  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック





d0175768_10452198.jpg

 NIKON DF  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック





d0175768_10453627.jpg

 NIKON DF  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック





[PR]
by cobag2 | 2017-05-13 05:43 | 旅の記憶 | Comments(10)