青葉月 寫誌 ⑫ 一石栃の無料休憩所

この無料休憩所を訪れるには馬籠から約1時間20分ほど、逆方向の妻籠宿からはおよそ3時間半ほど歩かなければならない.
JR中津川駅から南木曽駅まで県道7号線を走る御嶽交通の路線バスを使って「一石」の停留所で降りれば雑木林の中を分け
入って来れない事もないが、団体客には訪ねにくいと云うそんな事情で、私ら歩く人間にとっては格好のオアシスとなって
いるのだろう.
次から次へと客が来る訳でもなく食べ物やお土産を売ってる訳でもない、もちろん自販機などは論外、振る舞って貰える
暖かいお茶と他愛ない会話が最高の「もてなし」と言うまるで古えの旅の途中にタイムスリップした様な錯覚に癒される.


d0175768_10485741.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック





d0175768_10455776.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック





d0175768_14560722.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 28-75mm f/2.8 MACRO ASPH                        拡大表示は画像クリック




[PR]
Commented by voyagers-x at 2017-05-15 10:01
おはようございます ! !
モノクロで撮ると素朴さを素敵に感じる写真になってくれますね
ゆっくりとお話しすることが最高のおもてなしみたいな
なでもないけど暖かい心の通い合いが目に見えるような感じですね
Commented by minton at 2017-05-15 19:56 x
これはフォトジェニック!!な建物。
行くべきですよね。絶対に行きます。
今年のどこかで僕もブログにアップします。
Commented by cobag2 at 2017-05-15 22:17
voyagersさん、
余計な事は言わずボクトツとした素敵な雰囲気の方でしたよ^^
お握りでも持って行けばここで充分お昼になります、
ただ足腰にきてなければの話ですが・・・(笑)。
この旧家にカラーは全く必要ではないですね^^
Commented by cobag2 at 2017-05-15 22:21
minton さん^^
桜の春よし、新緑の初夏よし、紅葉の秋よし、真っ白な冬よし!
いつころ行かれますか? ご一緒したいですね〜^^
Commented by border72 at 2017-05-16 06:13
馬籠の宿場から旧道を歩かれたんですか!
この道をまだ幼かった長男をつれてヒーヒー言いながら歩いたのは遠い昔の私です。(笑)
Commented by Neoribates at 2017-05-16 10:29
旅人にとってこういう処はありがたいですよね.
昔はよけいにそうだったのでしょうけど,いまでもおなじですね.
箱根当たりにあるのは商売の休憩所ですものねぇ.
Commented by cobag2 at 2017-05-16 20:49
魔術師さん、
拙スナップで懐かしい思い出が甦ったようでとっても嬉しいです^^
今でもあまり人の手が入らない感じの旧道は私にとってもとても
素敵な記憶になりました。
奈良井宿の方は行かれたのでしょうか?
Commented by cobag2 at 2017-05-16 20:55
ご隠居さま^^
確かにこういう人の暖かみを感じるサービスが消えつつありますね(汗;)。
そのサービスを期待している訳ではありませんがさりげなく掛けてくれる
ねぎらいの言葉や味はともかくいいタイミングで出て来るお茶など、この上なく
嬉しいものですね^^
またこんな旅が出来るといいのですが^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by cobag2 | 2017-05-14 12:26 | monochromes | Comments(8)

気の向いた時に気の向くままに日々撮りためた写真や旅の記憶、大好きなモノクロ写真などで綴るフォト日記です。なお画像はクリックで拡大表示が出来ます。


by coba-g