「ほっ」と。キャンペーン
波打ち際から走る事約30分、大雄山の木立の中に入る.
火焔を背負い右手に杖を左手に綱を持ち白狐の背に立って寺の完成と同時に天狗となり山中に身を隠したと伝わる
導了尊と再会する. ファインダーの中に浮かび立つ導了尊の妖しくも豪快な姿にこの日も圧倒される.        


d0175768_20593099.jpg

Nikon FE2  Ai Nikkor 50mm f/1.4S  Kodak BW400 CN


[PR]
# by cobag2 | 2017-02-25 09:59 | Nikon FE2 | Comments(2)
画面の2/3を晴れ渡った明るい空が占めるとさすがに軟らかい画になってしまう、ただ太陽の光や白い雲の描写など
しっかりと残してるところなどはありきたりのコンデジではなさそうだ. 1/3ほど露出を切り詰めたセッティングの方が
しっとりとした画作りをするのには向いているかと思う.
湯河原の浜から大室山小室山を抱える伊豆、熱海から連絡船で30分の初島、その向こうに伊豆大島を望むの図.



d0175768_21420263.jpg
 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                              拡大表示は画像クリック



上の逆光気味の立ち位置から振り向いた順光になれば明暗の区別のついた素直なモノクロの写真になる.
とくに影になった部分をしっかりと残してくれるので嫌味のない自然な立体感が生まれて来るのだろうと思うのです.

d0175768_21425098.jpg
 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                              拡大表示は画像クリック


[PR]
# by cobag2 | 2017-02-24 09:50 | Leica X2 | Comments(12)
テスト撮りしたRAWデータをjpegにストレート現像してもどうもパキッとした彩度が盛られたような画になってしまう、
後処理をいろいろ頑張ってみてもjpeg撮って出しの様な画には出来ない、今どきビックリするくらいに渋い発色と深い
味のある西独の画作りがいい、もとからleicaの作り出す画が好きか嫌いかの話からだとも思うがこの忠実な色再現力を
持ち合わせたX2のjpegはleicaの自負かとさえ思ってしまう.
フィルム的感覚に浸りたいのならjpeg撮りっ放しが一番、逆な言い方をするとX2はjpegでカラーで撮りたくなるのかと….


d0175768_21423668.jpg

 Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH                                拡大表示は画像クリック



で、レンズ一体型の単焦点はElmarit 24mm/f2.8 ASPH、35mm換算36mmの画角がAFスナップにはちょうど良い.
こんな小さいレンズなのに1996年製の5群7枚から非球面レンズ1枚を加えた6群8枚にパワーUPして周辺までシャープに
逆光もモノともせず、それでいて明部暗部が飛んでしまわない、結果立体感のある階調豊かなフィルムで撮った様なこんな
モノクロが標準の設定でいとも簡単に撮れてしまう.何れにせよ、便利な機能全くなしのただ写真を撮るための道具として
拘って作られたとしか思えないコンデジにしばらくの間、虜になってしまいそうな気がする.


d0175768_21422502.jpg

Leica X2  Elmarit 24mm/f2.8 ASPH  


[PR]
# by cobag2 | 2017-02-23 00:13 | Leica X2 | Comments(12)
スキャンの時についてしまったやっかいなゴミかと思いきや飛び交う鴎たちとは…、


d0175768_20583121.jpg

Nikon Df  Ai Nikkor 50mm f/1.4S  Kodak BW400 CN




d0175768_20584022.jpg

Nikon Df  Ai Nikkor 50mm f/1.4S  Kodak BW400 CN


[PR]
# by cobag2 | 2017-02-22 00:05 | Nikon FE2 | Comments(2)
動くものをきちんと捉まえられたとき、粗いもの細かいものをそれぞれの質感で捉まえられたときにあ〜、フィルムで
撮ってて良かったな、とこの場所に来るといつも感じる. 手前は早川、向こうは相模湾、真水と海水が混じり合う所で
 まさにボーダーレスポイント、長い時間観察していてもちっとも飽きの来ない私だけのシャッターポイントである.                          


d0175768_22191624.jpg
Nikon FE2  Ai Nikkor 50mm f/1.4S  Kodak BW400 CN



d0175768_22190760.jpg
Nikon FE2  Ai Nikkor 50mm f/1.4S  Kodak BW400 CN


[PR]
# by cobag2 | 2017-02-20 00:48 | Nikon FE2 | Comments(6)
この日のランチは港にある度々寄るイタリアンレストランで摂る事にして、手元に残った最後のKodak BW400CNを
Nikon FE2に詰めて出かけてきた. 人差し指に伝わって来るシャッターの機械的な音、フィルムを巻き上げるレバーや
フォーカスリングのトルク感など久し振りに持ち出した銀塩フィルム機の操作感とその手順が心地良い. 


d0175768_22150302.jpg

Nikon FE2  Ai Nikkor 50mm f/1.4S  Kodak BW400 CN



d0175768_22145394.jpg

Nikon FE2  Ai Nikkor 50mm f/1.4S  Kodak BW400 CN



[PR]
# by cobag2 | 2017-02-18 00:17 | Nikon FE2 | Comments(10)

向春月 寫誌 ⑩ 講…

頼母子講、無尽と呼ばれていた講の名残りの奉納札、古めかしい木札の質感をこのレンズは捉まえるのが得意なようだ.         

d0175768_20343873.jpg
 EPSON R-D1x  COLOR SKOPAR 25mm F4P                              拡大表示は画像クリック



[PR]
# by cobag2 | 2017-02-17 00:19 | 散策 | Comments(10)
壁に纏りついた日射しが春の近さを教えてくれ喧騒から解き放たれた札所にいつものようにゆったりとした時間が流れる.
シアンに被った屋根瓦と一線を隔すスレートの屋根と土壁と葉々、それぞれをうまく色分けするこのカラスコが実にいい.


d0175768_20343025.jpg
 EPSON R-D1x  COLOR SKOPAR 25mm F4P                              拡大表示は画像クリック

[PR]
# by cobag2 | 2017-02-15 14:10 | 散策 | Comments(9)
古えのCOSINAらしいシアン被りのお線香の煙がむしろそれらしく雰囲気を昂めてくれ暖かな日和まで演出してくれる.
こういうポジライクな写真が撮れるのだからますますR-D1が手放せなくなりまたまたディスコンのオールドレンズ漁りに
拍車がかかってしまうのだから困ってしまう.
SWH15mmf/4.5llASPHもカラスコの21mmf/4P、25mmf/4P、35mmf/2.5 Pllも同じ様な型をしてるので大蔵省の
チェックを逃れ易かったいと言えば逃れ易かったのだけれどなにしろ同じ様なのがゴロゴロしてるので最近ちょっと….


d0175768_20342101.jpg

 EPSON R-D1x  COLOR SKOPAR 25mm F4P                              拡大表示は画像クリック


[PR]
# by cobag2 | 2017-02-14 00:29 | 散策 | Comments(8)

d0175768_21044777.jpg

 Nikon Df  TAMRON SP AF 70-300mm f/4-5.6 Di MACRO                       拡大表示は画像クリック



d0175768_21051273.jpg
 
 Nikon Df  TAMRON SP AF 70-300mm f/4-5.6 Di MACRO                       拡大表示は画像クリック



d0175768_21050451.jpg
 
 Nikon Df  TAMRON SP AF 70-300mm f/4-5.6 Di MACRO                       拡大表示は画像クリック



[PR]
# by cobag2 | 2017-02-11 00:11 | monochromes | Comments(8)
毎年一番先に春を告げる河津桜がこの時とばかりに濃い目の花を開く、ソメイヨシノよりは数倍も濃いピンク色に
誘われるようにメジロたちが文字通り目白押しに集まって来る.
昨日のお昼頃、散歩コースの海に突き出た岬に咲いた河津桜、今日はまた西や北陸一帯にかけて雪の予報が出ている.
三寒四温と言うより長続きしない日毎極端な変わり様に徐々にと言うワードが不釣り合いのどこかの暴君を連想する.


d0175768_09412891.jpg

EPSON R-D1x  Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM                                  拡大表示は画像クリック




d0175768_09413746.jpg

   EPSON R-D1x  Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM                                  拡大表示は画像クリック




そしてついでにこちらも満開のミモザ、
イタリアでは3/8をミモザの日と呼んで男性が女性にミモザの花をプレゼントするのだとか…
街中に小さな花束にしたミモザの花が溢れる眺めなんて商魂たくましいバレンタインよりよほどオシャレな気がする.

d0175768_09374352.jpg

EPSON R-D1x  Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM                                  拡大表示は画像クリック


[PR]
# by cobag2 | 2017-02-09 10:29 | 散策 | Comments(14)
意地悪く真正面に太陽を置いてみる、ハイライト部分にはデータはほとんど無いらしく豪快にトんで見事にフレアまで
出る. ゴースト、ハレーションなんて邪道、と言う向きもあるがこういう場面では情景描写を強力に後押ししてくれる
のでむしろ私としては大歓迎で現実、この日の朝日がそれを物語っている. 人さまざまの受け止め方がある….


d0175768_14564535.jpg

Nikon Df  Ai Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5 IF-ED





広角端でファインダーを覗くと若干ながら地球の丸さを感じる事が出来る、この眺めもまた非日常のうちなのかも…と.

d0175768_14565722.jpg

 Nikon Df  Ai Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5 IF-ED                         拡大表示は画像クリック



[PR]
# by cobag2 | 2017-02-08 00:18 | 散策 | Comments(10)
ようやく明け始める東の空、トンボロ現象で干潮の時は歩いて渡れる三ツ石は逆光になってしまうが普段見る事がない
シルエットの神々しさに何枚も何枚も慌ててシャッターを押してしまった. Tamron70-300mmズームの185mm付近.

d0175768_09282008.jpg
 Nikon Df  TAMRON SP AF 70-300mm f/4-5.6 Di MACRO                       拡大表示は画像クリック


[PR]
# by cobag2 | 2017-02-05 13:31 | 散策 | Comments(10)
まだ明けやらぬ・・・とはこの状態の事を言うのだろうかこの時季では6:30を過ぎて太陽はようやく顔を出して来る.
定点観測には面白い素材なのだろうと思うが毎朝40mの崖を登り降りするようなそんな元気もなく時々海に手を浸したり
熱いコーヒーを啜ったりしながらシャッターを押すくらいが自分にはちょうど良い. この日も大きめの石を探して座る.


d0175768_10231152.jpg
 Nikon Df  AF-S Nikkor 50mm f/1.8G SE                               拡大表示は画像クリック

[PR]
# by cobag2 | 2017-02-04 10:52 | 散策 | Comments(2)

気の向いた時に気の向くままに日々撮りためた写真や旅の記憶、大好きなモノクロ写真などで綴るフォト日記です。なお画像はクリックで拡大表示が出来ます。


by coba-g